立花隆さんを悼む 鎌田慧さん・久田恵さん・永江朗さん

有料会員記事

西田健作 大内悟史 藤生京子
[PR]

 「田中角栄研究」などの調査報道や、科学の最先端に迫るノンフィクションで知られたジャーナリスト・評論家の立花隆さんが亡くなった。「知の巨人」と呼ばれた故人を知る人たちから、悼む声が次々にあがっている。

鎌田慧さん「雑誌ジャーナリズムのピークの象徴」

 ルポライターの鎌田慧さん(83)は、同世代の立花隆さんの「田中角栄研究」について「雑誌ジャーナリズムのピークの一つの象徴だった」と評し、その死を悼んだ。

    ◇

 大きな存在だったと思います。彼がフリーライターになったころ、雑誌はライターをどんどん使い、取材費をかけて企画を作れる時代でした。彼が亡くなって、このころのライターで今も生きているのは、柳田邦男と僕ぐらいになってしまいました。

 「田中角栄研究」というのは、雑誌ジャーナリズムのピークの一つの象徴なんですよね。彼が調査の方針を明確に示し、多くの取材者を使って資料を集める。それを分析することで、あれだけの仕事ができたわけです。大人数で取材をしてアンカーが文章化するという手法は雑誌ジャーナリズムが始めたことです。僕も笹川良一について報じていますが、やはり角栄研究が象徴ですね。雑誌ジャーナリズムが本当に輝いていた時代でした。今は出版社がお金を出さないからできないですけどね。

 彼には総合力がありました…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。