百貨店は「百価店」へ 時代のカギは「新しい価値観」

有料会員記事

甲南女子大教授・米澤泉
[PR]

 度重なる緊急事態宣言の延長で、多くの百貨店が、生活必需品売り場を除いて休業や時短営業を余儀なくされた。

 とりわけ、高級ブランド品、宝飾品、呉服などラグジュアリーな売り場への風当たりは厳しく、「ぜいたくはコロナの敵」「デパートメントはやめませう」と言わんばかりの勢いであった。その是非はともかく、コロナ禍以前から売り上げが低迷していた百貨店にとっては、追い打ちをかけることとなったに違いない。

 現在の百貨店は高齢化がすす…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。