トランスジェンダー公表の横山選手 バイデン氏も称賛

ワシントン=大島隆
[PR]

 バイデン米大統領は22日、性的少数者(LGBT)であることを今月公表した、サッカー元日本女子代表の横山久美選手と、米プロフットボールNFLのカール・ナシブ選手について、「勇気を誇りに思う」とツイッターで称賛した。

 バイデン氏は「あなたたちのおかげで、世界中の多くの子どもたちが、自分自身について新しい見方ができる」と投稿した。

 2015~19年に日本女子代表を務めた横山選手は、現在は米女子プロリーグのワシントン・スピリッツに所属。性自認が男性のトランスジェンダーであることを19日に公表した。ナシブ選手は現役のNFL選手として初めて、同性愛者であることを21日に公表した。(ワシントン=大島隆