立花隆さんは「知を愛した哲学者」だった 佐藤優さん

有料会員記事

聞き手・大内悟史

 4月30日に80歳で亡くなった立花隆さんの執筆活動を、作家・元外務省主任分析官の佐藤優(まさる)さんは「長年にわたり多方面で活躍した。知を愛した本当の意味での哲学者だった」と高く評価した。

 立花さんは、田中角栄の金脈問題やロッキード事件の追及に始まり、中核や革マルなどの新左翼や日本共産党の研究から宇宙、生命科学、がん、サル学に至るまで長年にわたり、あらゆる分野、多方面での知の探究を続けていました。アカデミズム内部で制度化された哲学の枠を超えて、知を愛し、生き方そのものを通じて哲学を探究する本当の意味での哲学者でした。

 立花さんと私の対談『ぼくら…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。