甲府盆地横切るリニア路線、高架が暮らしに影落とす

有料会員記事

阿久沢悦子
[PR]

現場へ! リニア工事の周りで③

 リニア実験線が2013年に全線開通した山梨県。トンネル工事に伴い、笛吹市では10~11年、住民から水枯れの訴えが相次いだ。

 同市八代町でモモを栽培する小林信一(73)は畑の灌漑(かんがい)に使っていた堀川の水枯れに気づいた。

 「水深は10センチ以上あって、魚もいたのに。今はカラカラ」。工事を担当した鉄道建設・運輸施設整備支援機構は当初、因果関係を認めなかった。農家9軒で仮設の井戸を掘り、しのいだ。

 その後、機構が井戸を設置し、約30年分の維持費を支払った。小林は「でも、それ以降はお手上げ」と首を振る。

ここから続き

 同市御坂町の藤巻進(64)…

この記事は有料会員記事です。残り1064文字有料会員になると続きをお読みいただけます。