ワクチン接種ミス139件 厚労省、再発防止を呼びかけ

新型コロナウイルス

下司佳代子
[PR]

 厚生労働省新型コロナウイルスワクチンについて、市区町村から報告された接種にかかわるミスが、16日までの延べ約2330万回接種のうち139件あったと公表した。10万回あたり0・6回程度だが、血液感染につながりかねない重大なミスもあった。同省は手順の見直しと再発防止の徹底を呼びかけている。

 139件のうち、血液感染を起こしうるものなど重大な健康被害につながるおそれのあるミスは70件、比較的軽いミスは69件だった。種類ごとの集計で最も多かったのは接種間隔の間違いで31件。使用済み注射器の再使用など血液感染を起こしうるミスが23件で続き、不必要な接種と接種量の間違いが13件ずつだった。

 血液感染を起こしうるミスは注射器の再使用などでおきた。使用済み注射器を担当者が誤って未使用注射器のトレーに置いてしまったことや、針が刺さらないように使用済み注射器にふたをしたため未使用状態に見えたことなどが原因だった。厚労省は使用済み注射器は速やかに廃棄するよう求めている。(下司佳代子)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]