「ドラゴン桜」 生徒役の人生を変えた女優との出会い

有料会員記事

聞き手・桑原紀彦
[PR]

 経営破綻(はたん)寸前の私立高校に通う、勉強が苦手な生徒たちが東大合格をめざすテレビドラマ「ドラゴン桜」。生徒の「藤井遼」を演じた俳優の鈴鹿央士さんは、岡山で過ごした自らの高校生活を「いたって普通」で、テレビや映画ははるか遠い世界だったと振り返ります。そんな人生が、ある人との出会いで一変したそうです。

      ◇

 出演したドラゴン桜では、東大をめざす成績学年トップの生徒役でしたが、自分は飛び抜けて勉強ができた方ではないです。いたって普通の高校生でした。

 勉強よりは、スポーツ好き。2歳上の兄の影響で、同じ県立高校に進み、同じバドミントン部に入りました。インターハイ出場まで、あと一歩のところまで行きましたよ。

 自転車通学で、部活後は友達とコンビニで唐揚げを買い食いして、誰と誰が付き合っているとか、他の部の雰囲気はどうかとか、たわいもない話で盛り上がっていました。

 学校はスマホの持ち込みが禁止で、イヤホンのコードを制服の下に背中から通して、授業中ばれずに音楽を聴く方法を広めたりもしました。

 あこがれの職業や、固く決めた目標があったわけではないです。高校1年の3月、英国に約2週間短期留学して、現地の子と一緒に勉強し、土日はホームステイ先の家族と過ごした経験から、大学に進んで留学したいと漠然とは考えていました。それが、ある人との出会いで一変しました。

 高校2年の11月、学校で映…

この記事は有料会員記事です。残り730文字有料会員になると続きをお読みいただけます。