ロシア軍が英艦船に射撃 クリミア近海、「領海侵犯」で

モスクワ=喜田尚、ロンドン=金成隆一
[PR]

 ロシア国防省は23日、黒海を航行中の英国艦船に対し、「領海侵犯」を理由に警告射撃したと発表した。付近の海域に戦闘機から警告の爆撃も実施したという。現場はロシアが2014年に一方的に併合したウクライナ南部クリミア半島の近海で、国際的にロシア領と認められていない。

 英国側は国際法に従った航行だったとし、警告射撃を受けたことも認めていない。

 ロシア側が警告射撃したとするのは英海軍の駆逐艦「ディフェンダー」。ロシア国防省は23日昼、同駆逐艦がクリミア半島南西端の岬から3キロの海域に入ったため、国境警備隊の警備艇から警告射撃を行い、10分ほどの間を置いてスホイ24戦闘機から英駆逐艦の進行方向の海域に警告として爆弾4個を投下した、とした。

 同省は声明で「英駆逐艦は事前の警告に応じなかった」としてやむを得ない措置だったとした。ロシア外務省のザハロワ報道官は「英国による乱暴な挑発行為だ」と述べ、駐ロシア英国大使を呼び出し抗議する考えを示した。

 一方、英国防省は同日、公式ツイッターで、駆逐艦国際法に従ってウクライナの領海を航海していたと主張した。その上で、「英国の駆逐艦に向けた射撃はなく、駆逐艦の航路に爆弾が落とされたとの認識もない」ともし、ロシア側が行ったとする射撃や爆撃は「ロシアの砲撃訓練だった」との見解を示した。駆逐艦が「領海を侵犯した」とするロシアの主張に取り合わない考えとみられる。(モスクワ=喜田尚、ロンドン=金成隆一)