「御三家」が共学化する日は 森上展安さん

有料会員記事

聞き手・中島鉄郎
[PR]

 根深い男女差別や性別役割の固定化といった問題が語られるたび、ふと思います。同性しか入れない中高一貫校がある現状も、そのうち議論になるのだろうか。私立中高一貫校の動向に詳しい森上展安(もりがみのぶやす)さんに聞きました。

 ――首都圏を中心にした中学受験で、「共学校」が人気になっていると聞きます。

「ええ。その前提として、男子校、女子校から共学になる学校が中堅校を中心に増えているのです。少子化の中で、埋没せずに生き残りをはかるためには、思い切ったブランドの再生が必要です。そのための経営改革の定石が、①共学にする、②学校名を変える、③新校舎を建てる、という3点セットなのです」

 ――「共学化」といっても、別な学校に生まれ変わるのに近いのですね。

 「そうです。経営者が変わる学校もあります。もうひとつの動きは、大学の付属中高一貫校の共学化です。首都圏の私大が定員厳格化した影響もあって、大学への道が狭くなっている。ならば中学から、と付属人気も高まっています。その流れで、共学化して中学から優秀な生徒を確保しようとする学校が増えているのです。レベルの高い公立の中高一貫校ができたことも大きいでしょうか」

 ――私立で共学が増えるのは学校側の経営事情というわけでしょうか。

 「企業の経営改革と同じです。その結果、ブランド価値が高まり、後から人気がついてきているということだと思います」

 ――多様性やジェンダー平等を志向する最近の社会の流れの影響はないのですか。

 「いやそんなことはありません。少なくとも、入学するほうの意識はずいぶん変わってきていると思います。女子一貫校の『御三家』(桜蔭、女子学院、雙葉)卒の母親が、同じ道に進ませようとしても娘が共学を選びたがるという例はよく聞きます」

 「ある女子校の学校説明会で、保護者から『なぜこの学校は女子校なのか』という質問が出たそうです。その『なぜ』が質問されるとは想定していなかったので、学校側はびっくりした、と。それだけ『別学』は特殊なもの、と今は思われるのかもしれません」

 ――ただ「共学人気」といっても、東大合格者ランキングの上位には、別学校とくに男子校がかなり目立ちます。

 「例外もありますが、まあそうですね。でも、偏差値が高い難関私立の男子、女子校でも、世の中のジェンダー平等の流れを意識していない学校はないと思います」

 ――では、いわゆる男子の「御三家」(開成、麻布、武蔵)と言われる難関進学校が共学になる可能性もある?

 「ある男子校の前校長は『う…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。