放火殺人容疑の男、伯母殺害の疑いで再逮捕へ 千葉

[PR]

 千葉県警は、同県船橋市の民家に放火し、住人男性を殺害したとして今月4日に殺人容疑などで逮捕した無職一倉大悟容疑者(30)=東京都港区赤坂8丁目=について、死亡男性の元妻で、同容疑者の伯母にあたる女性も殺害した疑いが強まったとして、殺人容疑で25日にも再逮捕する方針を固めた。女性の妹である一倉容疑者の母親(60)も、殺害に関わったとして同容疑で逮捕する方針。捜査関係者への取材でわかった。

 捜査関係者によると、一倉容疑者は母親と共謀して4月下旬、同県市川市新田2丁目の伯母宅で伯母を殺害した疑いがある。同月23日午前11時ごろ、母親が「階段下で姉が横たわっている。呼吸がない」と119番通報。伯母は1階で、頭部を負傷した状態で死亡しているのが見つかった。県警は、2人が共謀し、2階から突き落としたとみている。

 一倉容疑者は、2日後の4月25日未明、船橋市本中山3丁目の民家に放火し、伯母の元夫でこの家に住む会社役員渡辺和彦さん(当時65)を殺害したとして、殺人や現住建造物等放火などの疑いで逮捕されている。渡辺さんから多額の借金をしていたという。

 一倉容疑者は、火災が起きる直前、伯母宅に隣接する母親宅で母親を殴るなどして重傷を負わせたとして、傷害などの疑いで緊急逮捕された。