武藤事務総長「安心安全な大会責務」 宮内庁長官発言に

[PR]

 天皇陛下が名誉総裁を務める東京オリンピック(五輪)・パラリンピックについて、宮内庁の西村泰彦長官は24日、陛下が新型コロナウイルスの感染状況を心配しているとし「開催が感染拡大につながらないか、ご懸念されていると拝察している」と述べた。

 大会組織委員会の武藤敏郎・事務総長は同日夕、記者団からこの西村長官の発言の受け止めについて問われ、「私どもは、国民のみなさま、都民のみなさまの不安がないような安全安心な大会を開催することが、責務であります。その実現に最善を尽くしたいと思います」と述べた。

 さらに質問を重ねられると、「報道でしか、この宮内庁長官のお言葉を通じてしか知らないのですけども、私は、一般的なお話であって、いま、現状にどこかに問題点があるというような、そういうことではないと理解しています。従って、そういう、当然、コロナ対策の必要性というものは我々は重々分かっておりますので、先ほどのようなお答えをさせて頂いた」と述べた。

 「拝察」の意味合いについては、西村長官は「日々陛下とお接しする中で私が肌感覚として受け止めているということです」と説明している。

 これまで、日本で開かれた五輪では当時の天皇が開会式に出席し、開会宣言をしている。1964年の東京五輪、72年の札幌冬季で昭和天皇、98年の長野冬季では上皇さまがそれぞれ開会を宣言した。