宮内庁長官の発言、識者の考えるその意図「前例がある」

有料会員記事

[PR]

 五輪開催がコロナ感染拡大につながらないか、天皇陛下が懸念していると拝察している――。24日、宮内庁の西村泰彦長官が定例会見でそう言及し、波紋が広がっている。

 五輪開催を控えるなか、宮内庁トップの発言の意図は。皇室に詳しい識者に聞いた。

名古屋大の河西秀哉准教授(歴史学)の話

 名古屋大の河西秀哉准教授(歴史学)の話 五輪の開催について、国民の間に様々な意見が飛び交う中、天皇がこのまま何もせずに開会式に出たら理解が得られないと考えたのではないか。長官の発言は、天皇の考えを反映していることは間違いないだろう。

 政権には感染対策の徹底を暗…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。