「ファスト映画」初の摘発 無断で短く、プロも雇って…

有料会員記事フカボリ

三井新、吉沢英将、赤田康和
[PR]

 映画を無断で短く編集した「ファスト映画」と呼ばれる動画を「YouTube」に投稿したとして、20~40代の男女3人が著作権法違反容疑で逮捕された。昨春からネット上に広がったファスト映画。被害額は900億円超と推計される。巣ごもり生活の中、思わず視聴した人もいるかもしれない。見ることは法に触れないのか。ファスト映画を追う弁護士に、その手口や法的問題を詳しく聞いた。

宮城県警、全国初の摘発

 宮城県警は23日、札幌市などの元ユーチューバー3人を著作権法違反の疑いで逮捕した。県警によると、ファスト映画の投稿者の摘発は全国で初めてだ。

 県警によると、3人の逮捕容疑は、昨年6~7月、著作権者の許諾を得ずに、「冷たい熱帯魚」や「アイアムアヒーロー」などの邦画5作品をそれぞれ約10分に編集しナレーションをつけて投稿したというもの。いずれも容疑を大筋で認めているという。

 ユーチューブに3人が開設したチャンネルは昨年5月に登録され、少なくとも80本のファスト映画が投稿されていた。県警はファスト映画の投稿で多額の広告収入を得ていたとみて、解明を進める。

 ファスト映画とは、映画の動画や静止画を無断で編集し、字幕やナレーションをつけ、あらすじを紹介する10分程度の動画だ。

 たとえば、記者がユーチューブで見つけたのは、地球規模の災害を描いた「デイ・アフター・トゥモロー」のファスト映画

 ニューヨークが凍りつく有名なシーンで始まった。静止画が次々と入れ替わり、竜巻や水害が襲う都市で登場人物が苦闘する様子を伝える。あらすじはナレーションとテロップで説明され、「印象的な描写が多く鳥肌が止まらない作品」といった感想も語られた。

 映画は2時間超だが、約11分に圧縮されていた。再生回数は約80万回だった。

 映画会社や出版社などでつくるコンテンツ海外流通促進機構(CODA)によると、ファスト映画は昨春からユーチューブで確認されるようになった。

 CODAの今月の調査によると、少なくとも55アカウントがハリウッド映画や人気の邦画など計2100本の動画を投稿していた。合計の再生回数は約4億7700万回で、CODAは被害額を956億円と推計した。

 ファスト映画の問題を早期から調べ、CODAとともに被害の調査をしてきた中島博之弁護士によると、ファスト映画制作の手口はこんな感じだ――。

プロがナレーション?

 映画本編の映像を何らかの方…

この記事は有料会員記事です。残り917文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
フカボリ

フカボリ

旬の話題の舞台裏から事件の真相まで、気になるニュースの深層に迫ります。世の中に流れる情報の一歩先へ。「もっと知りたい」「ちょっと気になる」に応えます。[記事一覧へ]