東京・板橋の店舗で一酸化炭素中毒か 8人軽症

[PR]

 24日午後7時55分ごろ、東京都板橋区板橋3丁目の飲食店で、店内にいた複数の人が一酸化炭素中毒とみられる症状を訴えている、との119番通報があった。

 東京消防庁警視庁板橋署によると、従業員や客の30~50代の男女8人が体調不良を訴え、病院に搬送された。いずれも意識はあり軽症とみられるという。

 店はカウンター席のみの居酒屋。当時は営業中で、カウンターの前の調理場には炭火が置いてあったという。警視庁は炭火が原因になった可能性があるとみて調べている。店内には換気扇が設置されていたという。