ワクチン接種、24時間対応へ 福岡市が来月20日から

松沢拓樹
[PR]

 福岡市の高島宗一郎市長は24日、新型コロナウイルスのワクチン接種を来月20日から午後10時~翌午前8時に行うと発表した。日中接種と合わせて24時間態勢にして接種を加速させる。

 福岡市民病院(同市博多区)を会場に来月1日からネット上の専用サイトで予約を受け付ける。市では今月末から64歳以下にも順次接種券を発送するが、接種券が届けば年代に関係なく予約できる。

 市によると、自治体が主導する24時間態勢の接種は全国初。高島市長は「福岡市は『眠らない街』。若い人も多く仕事の時間もばらばら。これまでカバーできなかった時間帯をカバーし、ニーズに合わせていきたい」と話す。(松沢拓樹)