サイバー攻撃に直面する五輪 対策すり抜けた「出来事」

有料会員記事

編集委員・須藤龍也、斉藤佑介
[PR]

 2019年秋、英国側から日本政府に東京五輪パラリンピックを狙ったサイバー攻撃に関する情報提供があった。

 複数の日本政府関係者によると、提供されたのは「オリンピックのシステムを狙った偵察攻撃が仕掛けられている」との情報だったという。

写真・図版
日本オリンピック委員会が入るビル=2021年6月21日、東京都新宿区霞ケ丘町

 それから5カ月後の昨年4月、日本オリンピック委員会(JOC)がサイバー攻撃を受け、事務局のすべてのパソコンやサーバーを交換していたことが分かった。

 これらの関連はわかっていないが、JOCへの攻撃は五輪が直面する脅威の一端を浮き彫りにしたと言える。開幕まで1カ月を切った五輪のセキュリティー対策は大丈夫なのか。

ロシアの「サイバー偵察」

 英外務省は昨年10月、ロシア軍参謀本部情報総局(GRU)が東京五輪パラリンピックの関係者や関係組織にサイバー攻撃を仕掛けていたと発表した。前年に日本政府関係者にもたらされた情報は、この発表に関連したものだったという。

写真・図版
東京五輪・パラリンピックなどを狙った「一連のロシアのサイバー攻撃」を発表した英外務省のプレスリリース

 関係者によれば、英国側は日本政府に情報提供する際に「サイバー偵察(cyber reconnaissance)」という言葉を使っていたという。

 この聞き慣れない言葉は、ネ…

この記事は有料会員記事です。残り2590文字有料会員になると続きをお読みいただけます。