「アルツハイマー病制圧に慎重さを」研究者が新薬に注文

有料会員記事

聞き手 編集委員・辻外記子
[PR]

 アルツハイマー病の進行を抑えるとされる新治療薬「アデュカヌマブ」の製造販売を、米国食品医薬品局(FDA)が条件付きで承認した。新しいタイプの薬の登場が、アルツハイマー病の制圧につながるのか。30年近くアルツハイマー病の研究をしてきた柳沢勝彦・国立長寿医療研究センター名誉研究所長に話を聞いた。

過剰な期待は禁物

 ――これまでにないタイプの薬とあり、期待の声があがります。

 症状を緩和する従来薬と違い、アルツハイマー病を引き起こす「アミロイドβ(Aβ)」というたんぱく質の蓄積を除去します。脳の病理変化に作用し、症状の進行速度を抑えられる新たなタイプの治療薬開発への転換、一歩を踏み出せたともいえ、喜ばしいことです。

 ただし、今回はあくまで「条件付き承認」です。

 今後の検証試験によって患者さんに効くのか、安全か。この両方が確認されるまで、過剰な期待は禁物だと思います。

 また、FDAが公表している処方指針には、事前に必要な検査や対象者について詳しく書かれていないため、現場では混乱が予測されます。

必要な検査が不明確

 ――どのような混乱があるのでしょう。

 アルツハイマー病の症状があり、そう診断された人のうち、2、3割はアルツハイマー病でない可能性があります。

 血管性認知症や認知障害を伴うパーキンソン病、高齢者のうつ病などがあげられます。これらの病気の人の脳にAβはたまっていません。

 アデュカヌマブは、Aβがたまっている人に作用するので、たまっていないアルツハイマー病以外の人にこの薬を使っても無意味です。

 たまり具合はPET検査でわかりますが、この検査も高額なのです。

 どんな検査を受けた人が薬の適応となるのか、現時点では明確になっていません。

 ――早期のアルツハイマー病の人にしか効かないとされます。なぜですか。

 Aβは、アルツハイマー病を発症する20~30年前から脳内に蓄積し始め、時間の経過とともにさまざまな病変を引き起こします。

 発症して脳の損傷が進んだ段階では、このタイプの薬の有効性には限界があると考えられています。

異常な事態がおきている

 ――FDAの条件付き承認後、諮問委員の3人が不服として辞任した事態をどうみますか。

 通常はありえない、きわめて…

この記事は有料会員記事です。残り2025文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら