犬と一緒にトリュフ狩り 2万円でも詰めかける豪州人

有料会員記事

キャンベラ=小暮哲夫
【動画】オーストラリアで「トリュフ狩り」が人気=ミワ・ブルマー撮影
[PR]

 木の下を忙しく動き回っていた茶色のラブラドルレトリバーが立ち止まり、前脚で地面を突っついた。

 「誰か掘ってみたい人は、いますか?」

 小さなスコップを渡された女性が掘り返すと、直径5センチほどの黒い塊が現れた。世界3大珍味のひとつ、トリュフだ。根元に育ったその香りを、訓練された犬がかぎつけた。

 「香りを試してみて」

 「炭火焼きのマッシュルームみたい」

 オーストラリアの首都キャンベラ中心部から車で15分ほどにある、その名も「ザ・トリュフ・ファーム(トリュフ農場)」。オーナーのジェイソン・メズマンさん(36)が催すトリュフ狩りツアーだ。

 豪州で、スマートフォンの地図アプリを使って「トリュフ狩り(truffle hunting)」と検索すれば、各地のトリュフ農場がずらりと表示される。

 トリュフ栽培と言えば、フランスなど欧州が本場だが、豪州でも近年、急成長している。

 レトリバーが別の場所を示し…

この記事は有料会員記事です。残り2188文字有料会員になると続きをお読みいただけます。