東京都議選告示、271人届け出 前回より12人増える

東京都議選2021

[PR]

 全42選挙区の立候補届け出は午前8時半に始まり、朝日新聞の集計では、受け付けが締め切られた午後5時までに、271人が届け出た。259人が立候補した前回より12人増えた。都選挙管理委員会によると、24日現在の有権者数は1151万3990人。前回の告示前日より24万7469人増え、都議選で過去最多となった。

 都民ファーストの会は47人を公認。第1党の維持を目指すが、50人を擁立した前回よりは減らした形だ。第1党の奪還を目指す自民党は60人を擁立し、現有勢力25人からの大幅増を目指す。公明党は23人を公認し、1993年の都議選以降続く全員当選で、現有勢力の維持が目標だ。

 共産党は31人を公認し、現有勢力の18人からの上積みを狙う。立憲民主党は、共産との候補者調整をした上で28人を擁立し、現有8人から大幅増を目指す。ともに現有1人の日本維新の会が13人、地域政党「東京・生活者ネットワーク」が3人を擁立。このほか国民民主党が4人、れいわ新選組が3人、古い政党から国民を守る党が2人を擁立した。