「拝察」発言めぐり、菅首相「宮内庁長官の見解と理解」

[PR]

 天皇陛下が名誉総裁を務める東京五輪パラリンピックについて、宮内庁の西村泰彦長官が「開催が感染拡大につながらないか、ご懸念されていると拝察している」と発言したことについて、菅義偉首相は25日「(西村)長官ご本人の見解を述べたと理解している」と述べた。首相官邸で記者団の取材に答えた。

 また、憲法は4条で「天皇国事行為のみを行う」と規定するなど、天皇の政治関与を禁じている。西村長官が天皇陛下と接する中で「拝察する」として五輪開催に言及したことについて、加藤勝信官房長官は同日午前の記者会見で「あくまで(西村氏が)ご自身の考えを述べられたということであり、憲法との関係で問題があるとは考えていない」と述べた。