不登校の我が子、理由を聞いてしまう親 専門家の助言

有料会員記事

聞き手・浦島千佳
[PR]

 「学校に行きたくない」。もし、我が子からこう言われたら――。

 どっしりと構えていたいと思っても、「この先ずっと行けなかったら」と心配ばかりが募ります。こんな時、親は不安とどう向き合えば良いのか。スクールカウンセラーなどとして、不登校に悩む親子に長年寄り添ってきた奈良女子大学大学院の伊藤美奈子教授(学校臨床心理学)に聞きました。

 ――子どもが不登校になった時、動揺する保護者は少なくありません。

 子どもが学校に行けなくなると、親には心配や不安、焦りやいらだちなど様々な思いがわき起こります。

 しかも、行けなくなった理由をはっきり言える子は少数派です。多くは黙り込んだり、反抗的な態度をとったり。自分でもよく分からず、説明できないから、親に当たるしかないのです。そんな態度を見て、親は余計に混乱したり、腹立たしく思ったりします。

 なぜ親は理由を聞いてしまうのか。

 理由を聞くほうは、「なんと…

この記事は有料会員記事です。残り2346文字有料会員になると続きをお読みいただけます。