育児と仕事は同時でなくていい 元主婦の社長の言葉

有料会員記事

岩本美帆
[PR]

 専業主婦から50代の電話番アルバイトを経て、大ホテルの副支配人になった薄井シンシアさん(62)が、この春社長になりました。「専業主婦だったから今がある」と話す薄井さんは、「育児と仕事は同時でなくていい」と言い切ります。

主婦生活の長さで就活は門前払い、見つけたのは電話受付アルバイト

 「その件は私が対応するから」

 テキパキと部下に指示を飛ばす。トレードマークのシックな黒いワンピースとショートヘアは、5年前に初めて会ったときと変わらない。違うのは足元だ。昔は黒いパンプスだったのが、真っ赤なスニーカーに変わっていた。

 薄井さんは出産を機に、30歳で専業主婦になった。17年間家事と育児をこなしながら、アフリカや東南アジアなど、外交官の夫の勤務地に帯同。娘の大学進学を機に、以前の駐在先のタイで「学食のおばちゃん」から社会復帰した。日本に帰国したときには、52歳になっていた。

 日本での就職活動は、主婦生…

この記事は有料会員記事です。残り2139文字有料会員になると続きをお読みいただけます。