多田修平が初優勝で初の五輪切符 陸上男子100m

有料会員記事

堀川貴弘
[PR]

 陸上の東京オリンピック(五輪)代表選考会を兼ねた第105回日本選手権大会が25日、大阪・ヤンマースタジアム長居で第2日があり、男子100メートル決勝は、多田修平(住友電工)が10秒15で初優勝し、東京五輪代表に内定した。

 2位にはデーデー・ブルーノ(東海大)、3位には山県亮太セイコー)がそれぞれ入り、山県は五輪参加標準記録を超えているため、東京五輪代表に内定した。

陰の存在が主役に

 多田修平が日本選手権男子100メートルで初優勝を飾り、初めての五輪出場を決めた。桐生祥秀山県亮太らの陰に隠れた4、5番手とも言える存在だった25歳が一気に主役の座に躍り出た。

 関西学院大3年の2017年、自己ベストを前年までの10秒25から10秒07に一気に短縮し、同年にロンドンであった世界選手権で準決勝に進出して脚光を浴びた。しかし、その後は記録が出ても10秒1台。19年ドーハ世界選手権では400メートルリレーの1走として銅メダル獲得に貢献したものの、100メートルでは出場できなかった。

 五輪が1年延長された今年も、春先は調子が上がらなかった。それでも、レースに出場し続けて修正を繰り返した。ついには、今月6日の布勢スプリントで4年ぶりに自己ベストを更新する10秒01をマークして五輪参加標準記録を突破し、日本記録を出した山県に次ぐ2位に入った。

 「久々の自己ベストで気持ちが楽になった。挫折した時期もあったが、あきらめずにコーチらを信頼してよかった」。多田は笑顔だった。

 そして上り調子で迎えた日本選手権。誕生日だった24日の予選と準決勝は、組み合わせにも恵まれた。5人の五輪参加標準記録突破者のうち、ただ1人、他の4人との対戦がなかった。

 「準決勝は理想の走りができた。余力をもって決勝に進める」

 理想的な状況で迎えた決勝を制し、初めての五輪代表の座をつかんだ。

 持ち味はスタートダッシュ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。