「民主の種は大木に」 香港紙廃刊で蔡英文氏が遺憾の意

台北=石田耕一郎
[PR]

 香港政府から運営資金を凍結され、香港紙「リンゴ日報」が廃刊に追い込まれたことを受け、台湾の蔡英文(ツァイインウェン)総統は24日、フェイスブックに「リンゴ日報は中国返還後の香港人にとって、強権を恐れず、民主主義や自由を求める橋頭堡(きょうとうほ)だった」と記し、遺憾の意を表明した。

 蔡氏は「当局の圧力で、メディアが天安門事件の追悼集会に注目しないよう迫られても、リンゴ日報は決してあの日を忘れなかった。また、当局の圧力に屈せず、一貫して民主主義と自由を求める香港人とともに闘った」と称賛。そのうえで、「自由と民主主義は木のようなもので、倒されてもその種は新たな大木に育つ」と記し、「国際社会も台湾も、香港人とともにある。『東洋の真珠』が再び輝くのを心待ちにしている」と結んだ。(台北=石田耕一郎)