顔出しNGミュージシャン、ボカロに源流?コロナで加速

有料会員記事

定塚遼、小峰健二
[PR]

 街で流れるヒットナンバーを聞けば、自然と歌い手の顔が浮かんでくる。そんな日常が、この数年「顔出しNG」ミュージシャンの急増によって崩れつつある。なぜアーティストたちは、顔を隠すようになったのか。

 老舗の音楽番組「ミュージックステーション」(テレビ朝日系)に今年2月、口や鼻の下部だけを露出させ、そのほかを仮面で覆って初出演したのが、シンガーのyamaだった。

 昨年発表した「春を告げる」は、ネットでのストリーミング再生が1億回を超え、音楽シーンを代表する作品となった。だが、素顔や性別、年齢、出身地などを明らかにしていない。

 続いて登場したシンガーのりりあ。を映すカメラは、ギターを弾く手をアップにし、一切顔を映さない。音楽番組としては、いささか異様だが、現在の音楽シーンを象徴する光景でもあった。

 グループ名が夜を連想させる…

この記事は有料会員記事です。残り1181文字有料会員になると続きをお読みいただけます。