• アピタル

職域接種の受付休止 「申請済み大学は打てるよう配慮」

新型コロナウイルス

桑原紀彦
[PR]

 新型コロナウイルスワクチンの職域接種の申請受け付け休止をめぐり、萩生田光一文部科学相は25日の記者会見で、すでに接種の実施を申請した大学については「できる限り(接種が)可能なように努力したい」と述べ、ワクチンを供給できるとの見通しを示した。

 文科省によると、接種について24日正午までに363大学から相談があり、うち288大学が申請を済ませた。萩生田文科相は、申請済みの大学については「政府全体で協力しながら、心配のないようしっかり対応する」と強調。申請が間に合わなかった大学には実施中の大学に受け入れてもらったり、余剰分を工面したりするなどして、接種できるよう対応していく考えを示した。

 一方、全国知事会は25日、政府に対し、申請済みの企業・団体や自治体に対して早急に対応方針を示すよう求めた。責任を持ってワクチンを供給することを要請し、「必要なワクチンを適時適切に供給するよう、万全を尽くしてほしい」とした。(桑原紀彦)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]