引き揚げ機体、宇佐航空隊の九七艦攻か 大分で展示へ

有料会員記事

大畠正吾
[PR]

 鹿児島県種子島沖から23~24日に引き揚げられた旧日本軍機を、大分県宇佐市が取得することになった。市内にあった宇佐海軍航空隊の九七式艦上攻撃機(九七艦攻)の可能性があるという。市の平和資料館で公開し、将来は約20億円をかけて建設を計画している「平和ミュージアム」(仮称)に展示する予定だ。

 旧日本軍機は、遺骨収集作業の過程で、主翼の一部や操縦席付近などが水深約20メートルの海底から引き揚げられた。機体は相当腐食しているが、展示は可能と宇佐市はみている。市教委の担当者は「尾翼などが見つかれば、宇佐から飛び立ったものかどうかがはっきりする」と期待している。

 市は機体の運搬や保存のため…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。