自衛隊大規模接種センターに予備費56億円 委託費など

新型コロナウイルス

松山尚幹
[PR]

 東京と大阪に設置した新型コロナウイルスワクチンの「自衛隊大規模接種センター」の経費として、政府は25日の閣議で、今年度予算の予備費から56億円を支出することを決めた。これまでは防衛省の予算を一時的に充てていた。

 防衛省によると、内訳は会場運営・設営などの民間業者への委託費が東京会場で約20億円、大阪会場で約10億円。民間看護師の派遣を受けるための費用が約9億円だった。

 大阪会場では会場の借り上げ費用約8・3億円のほかに、設置期間中のイベントなどのキャンセル代についても、国負担分として約2億円。そのほか、全国から集まった医官や看護官らの宿泊費約2億円なども計上した。(松山尚幹)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]