赤木ファイル巡る麻生氏発言を一部削除「言い間違えた」

[PR]

 財務省は25日午後、公文書改ざん問題をめぐる麻生太郎財務相の記者会見の発言を一部削除すると発表した。

 麻生氏は同日午前の閣議後会見で、自死した近畿財務局職員の赤木俊夫さんが改ざんの経緯を記した「赤木ファイル」について「オーバーラップ(重複)しているのがいっぱいありますから、それは省きますよ。そういうのを外して残りのものでやれば、ほぼ全部と言えるんじゃないでしょうか」と発言。文書の一部を同省側が取捨選択して公開したともとれ、「赤木ファイル」はすべて公開したとする同省の説明と矛盾しかねない内容だった。このため、同日午後になり、同省はこの部分の発言は削除すると発表。担当者は「メールの添付文書でファイルに入っていないものがあり、赤木さんが取捨選択したと思われる。そのことが大臣の頭にあり、言い間違えた」などと釈明した。

 赤木さんの遺族は、公開された文書が「赤木ファイル」のすべてか疑問視しており、原本の公開を求めている。