中国・河南省で火災、18人死亡 省トップが現場訪問

[PR]

 中国・河南省の武術学校で25日午前3時ごろ(日本時間午前4時ごろ)火災が起き、18人が死亡し、4人が重傷を負った。国営新華社通信などが伝えた。警察が学校の関係者を拘束し、消防が火災の原因を調べている。

 報道によると、死傷者の多くは7~16歳の寄宿生とみられる。計34人が2階に住んでいたという。河南省には、中国伝統武術の少林カンフー発祥の「少林寺」があり、武術学校も多い。

 火災発生を受けて省トップの書記やナンバー2の省長らがすぐさま現場を訪れ、けが人の治療や原因究明に全力を尽くすよう指示。省内で同様の危険性がある場所がないか緊急で調べ、対策を講じるという。

 中国では、中国共産党の結党100年を7月に控え、厳戒ムードが高まっている。今月13日にも湖北省でガス爆発の事故があり、少なくとも25人が死亡。中国メディアによると、習近平(シーチンピン)国家主席は事故発生後に「突発事件の発生を防ぎ、100年に向けて良い雰囲気をつくれ」と指示した。