米紙「東京五輪に天皇から不信任票」 各国で発言報道

有料会員記事

高島曜介、北京=高田正幸
[PR]

 天皇陛下が名誉総裁を務める東京五輪パラリンピックについて、宮内庁の西村泰彦長官が24日の定例会見で、陛下が新型コロナウイルスの感染状況を心配しているとし、「開催が感染拡大につながらないか、ご懸念されていると拝察している」と述べた。「拝察」という奥ゆかしい日本語を用いたこの発言を、海外メディアはどう報じたのか。

 米ワシントン・ポスト紙は、「東京五輪に日本の天皇から重大な不信任票」との見出しの記事で、「宮内庁長官によると、日本の天皇東京五輪新型コロナウイルスの感染が増加することを『懸念』しているようだ」と報道した。

 同紙は西村長官が使った「拝察」という言葉には触れずに、「天皇が重大かつ物議を醸すテーマについて発言することはまれで、その意見には重みがある」と指摘する一方、「開催を決定した主催者の心境を変えるには遅すぎた」などと伝えた。

「予想外の介入」受け止めも

 英ガーディアンも、「天皇

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。