国会トイレ盗撮、経産省が職員関与認める 通行証を所持

[PR]

 衆議院は25日、4月に国会内の女子トイレで発生した盗撮への関与を政府職員が認めたと発表した。経済産業省は「職員が重要参考人となっていることは事実だ。警察による捜査中でありコメントは差し控えたい」としている。

 経産省はこの職員の立場などは公表していないが、幹部ではないとしている。関係者によると国会に出入りする男性職員で、通行証を持っていたという。

 盗撮は4月23日に衆院2階のトイレで発覚した。警視庁は任意で調べており、近く書類送検するとみられる。