旭川の活性化目指す施設 杉村太蔵氏と地元信金がタッグ

本田大次郎
[PR]

 北海道旭川市で、中心市街地を活性化させるための商業施設プロジェクトが動き出した。手がけるのは、元衆院議員でタレントの杉村太蔵氏。旭川信用金庫もバックアップし、来年6月のオープンを目指す。

 新たな施設名は「旭川ここはれて」。杉村氏が社長を務める「ここはれて」(旭川市)が、同市のメインストリート「平和通買物公園」沿いにある約1500平方メートルに、一部2階建て施設を建設する。木々を配した庭も作り、公園と連続性をもたせ、街に活気とにぎわいを呼び込むという。事業費などは非公表。

 7~8坪の小さなスペースの23店舗が入る計画で、道北の食材を使った飲食店や家具・雑貨などの物販店を募る。25日に旭川信金で会見した杉村氏は「買物公園をワクワクする場にし、にぎわいとともに、文化の発信拠点にしていきたい」と話した。

 出店者は、使用部分を賃借する形のほか、同社から店舗運営を委託される形、同社の契約社員になって店舗で働く形の3パターンの中から、出店形式を選択する。運営委託型の場合、売り上げの80%が委託料として出店者に支払われる。委託型や社員型の場合は、施設の賃料や厨房(ちゅうぼう)機器などの初期投資が不要となるため、新規開業がしやすくなるという。杉村氏は「コロナ禍で飲食業が厳しい中、どうやったら意欲ある人が新規出店してもらえるかを考え、業務委託型の出店も導入した」と話した。

 出店にあたっては、同社による審査があるほか、出店が決まったら店舗運営などのアドバイスも受けることができる。旭川信用金庫は、融資や情報発信などでこの事業を支援する。8月6、7日に市内で説明会を開き、出店者を募集する。

 平和通買物公園は、国内初の通年型歩行者天国として、かつては買い物客であふれていたが、近年は衰退が目立っている。(本田大次郎)