「IRやめる」 横浜市長選に出馬表明の小此木氏

松沢奈々子、足立優心
[PR]

 国家公安委員長を25日に辞任した小此木八郎衆院議員(56)=神奈川3区=が同日、横浜市役所で会見し、横浜市長選(8月22日投開票)への立候補を正式に表明した。

 小此木氏は自民党神奈川県連会長も務める。横浜市が山下ふ頭に誘致を進めるカジノを含む統合型リゾート(IR)への賛否が市長選の最大の争点とみられているが、小此木氏は「市長になることができれば、最初の仕事はIR構想をとりやめることだ」と明言した。

 IRをめぐっては政府が旗を振り、市議会の自民党会派は関連予算に賛成してきた。ただ小此木氏は市民に反対が根強く、コロナ禍が続く中、昨年12月ごろから誘致する環境が整っていないとの思いを強め、5月下旬に菅義偉首相に立候補の決意を伝えたという。会見で「財政的な課題はあるが、横浜の将来に向けてIRに代わる新たな政策を考えたい」と話した。(松沢奈々子、足立優心)