大阪メトロ御堂筋線、時差通勤で10%ポイント還元

筒井竜平
[PR]

 大阪メトロは25日、御堂筋線の利用者が平日朝のラッシュ時を避けて乗車すれば、料金の10%をポイント還元するキャンペーンを始めると発表した。ICカード「PiTaPa(ピタパ)」や「PiTaPa LiTE(ライト)」を使うことが前提で、期間は7月1日~12月31日。新型コロナウイルス対策として時差通勤のきっかけにしてもらうねらい。ピタパのポイントサービス「Osaka(オオサカ) Point(ポイント)」に登録し、会員サイトから申し込む。平日午前9時半~午前10時半に御堂筋線各駅の改札機を出ると、利用金額の10%のポイント(1ポイント=1円)が付く。ピタパの定期券の場合は1日1回で20ポイント。ポイントは飲食店などで使える。

 鉄道会社はラッシュ時にあわせて車両や駅員を確保する必要があり、混雑を分散できればコスト削減にもつながる利点がある。JR西日本も4月、ラッシュ時を避けた利用者にポイントをつける取り組みを一部区間で始めた。(筒井竜平)