組織委の幹部「拝察発言は重い」 首相が内奏したばかり

有料会員記事

石井潤一郎、杉浦達朗、前田大輔
[PR]

 天皇陛下が名誉総裁を務める東京五輪パラリンピックについて、宮内庁の西村泰彦長官が「開催が感染拡大につながらないか(陛下が)ご懸念されていると拝察している」と述べたことが波紋を呼んでいる。「拝察」の背景に何があるのか。コロナ禍のもとで五輪に突き進む政府や大会関係者らには困惑も生じる。

 25日午前、記者団から「拝察」の受けとめを問われた菅義偉首相は「長官本人の見解を述べたと理解している」とだけ述べた。

 西村氏が「拝察」を口にしたのは、24日の定例会見。記者団から五輪への考えを問われたかたちでの言及で、「私が肌感覚として受け止めているということ」、「直接そういうお言葉を聞いたことはない」とも説明した。

 同庁は「オモテ」と呼ばれる…

この記事は有料会員記事です。残り1340文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら