放課後に釣り 専門的な研究も 地方公立高への留学とは

有料会員記事

三島あずさ
[PR]

 少子化や過疎化が進むなか、豊かな自然や地域の特色をアピールし、全国から生徒を受け入れる地方の公立高校が増えている。国が後押しする「地域みらい留学」では今年度、500人あまりが各地の高校に入学。個性豊かな日々を送っている。

 「すごく積極的になったし、視野が広がりました」

 四国の中央部に位置する高知県本山町。吉野川に面した山あいにある県立嶺北(れいほく)高校3年の内藤隆慈(たかちか)さん(17)は、今の自分について、そう話す。

 東京都出身。中学時代、休日は「時間がもったいないな、かといってやりたいこともないな、と部屋でごろごろしてばかりいた」。

中3の夏に転機

 そんな日々が変わるきっかけになったのが、塾の先生のブログで知り、中3の夏に参加した「地域みらい留学」の説明会だった。

 複数の高校の説明を聞くなか…

この記事は有料会員記事です。残り1549文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!