UFO?ポリ袋? それとも…米国の報告書「結論出ず」

有料会員記事

ワシントン=合田禄
[PR]

 米国の情報機関を統括する国家情報長官室は25日、未確認飛行物体(UFO)かと疑われた目撃情報に関する報告書を公開した。米軍が撮影した動画など140以上の報告を分析したが、ほぼ全てについて「結論は出なかった」とし、実態解明は進まなかった。

 報告書によると、米情報機関が2004~21年に報告された144件の目撃情報やセンサーやレーダーのデータなどを検証した。目撃情報のなかには、風に逆らって動いたり、かなりの速度で移動したりしているものもあった。80件は複数のセンサーによって確認されていたという。

 可能性として、鳥やポリ袋などとの見間違い、自然の大気現象、米国の政府や企業による機密のプログラムを偶然目撃したこと、中国やロシアなどが新たに開発した軍事技術などではないかと検討した結果、1件はしぼんだ気球と見間違えたと判断したが、残りの143件は何なのか説明できないままだったという。

 外国による情報収集作戦だっ…

この記事は有料会員記事です。残り240文字有料会員になると続きをお読みいただけます。