先生、僕の酒は天国に届きましたか ラベルが呼んだ奇跡

有料会員記事

若松真平
[PR]

 本当は絵を学びたかったのに、滑り止めで受けた東海大の海洋学部へ進んだ杉原慶樹さん(45)。

 大学教授だった上野信平さんに出会ったことで、人生は大きく変わった。

 沖縄県西表島での1年間の住み込み研究、勧められて行ったミクロネシア連邦での養殖指導。

 そしては今は、実家がある岐阜県大野町日本酒を造っている。

    ◇

 上野教授と出会ったのは、今から20年以上前。

 まだ携帯電話も普及していないころのことだ。

 研究室にパソコンはあったが、上野教授は電源の入れ方もわかっていなかった。

 ただ、学生たちの適性を見抜く能力はすばらしかった。

 誰が何を出来るか、何と言えばどう動くかを把握していた。

 的確な指示を出して、自らは触ることなくパソコンを活用していた。

 そんな中、自分が頼まれたことは意外な内容だった。

 「コーヒーを入れてくれ」

 やる気も能力もイマイチだと…

この記事は有料会員記事です。残り1989文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!