世界的メーカーの高級腕時計購入か 詐取容疑の経産官僚

[PR]

 経済産業省のキャリア官僚2人が国の家賃支援給付金を詐取したとして逮捕された事件で、このうち1人が給付後、世界有数のメーカーの高級腕時計やブランド品を買っていたことが25日、捜査関係者への取材でわかった。都心のタワーマンションに住み、複数の外車に乗っていたことも判明。警視庁が収入源や生活実態を調べている。

 逮捕されたのは、同省産業資金課係長の桜井真(28)=東京都千代田区一番町=と産業組織課職員の新井雄太郎(28)=東京都文京区向丘1丁目=の両容疑者。有名私立大の系列高校の同級生だという。

 捜査2課によると、2人は昨年12月、共謀してコロナ禍で収入が減った中小企業の関係者を装い、経産省所管の家賃支援給付金を専用サイトから申請。今年1月に約550万円を詐取した疑いがある。申請の際には、新井容疑者が入省前の2019年11月に設立し、社長を親族に引き継いだ会社を使っていた。売り上げ台帳などを偽造した可能性が高いという。同課はこの会社は実体のないペーパーカンパニーとみている。

 給付金は1月下旬、国側から会社名義の金融機関の口座に振り込まれた。捜査関係者によると、桜井容疑者はその後、スイスの高級時計メーカーの腕時計をクレジットカードで購入し、ほかにブランド品も買っていた。自宅マンションの家賃は1カ月分の給与額を超えていたといい、警視庁は給付金の使い道を調べる。