都議選、有権者の関心は「コロナ」 でも議会の印象は…

有料会員記事東京都議選2021

藤野隆晃、山口啓太、長野佑介
[PR]

 25日に舌戦がスタートした東京都議選新型コロナウイルスの感染再拡大の兆しが見える中、東京オリンピックパラリンピックの開幕は目前に迫る。1151万人に上る首都の有権者の関心はどこにあるのか。都議会は有権者の目にどう映っているのか。告示日に都内3カ所で尋ねた。藤野隆晃、山口啓太、長野佑介)

 25日に足立区北千住駅大田区の蒲田駅、港区の新橋駅付近の3カ所で22~85歳の都民25人に聞いた。「あなたの一番の争点は」と尋ねると、7割近い17人が「コロナ対策」を挙げた。

 葛飾区の飲食店従業員の古川雄大さん(22)もその一人。コロナ禍で昨春以降、飲食店への営業時間の短縮要請が断続的に続く。「アルバイトとして働いていた昨年の一時期、店を開けられずに月給がゼロだった。店への協力金の支給も遅く、3~4カ月かかることもある」と話した。

 「一刻も早くワクチンを打てる態勢を整えてほしい」。そう語るのは、大田区のパート、青木文子さん(50)。都内の自治体では64歳以下への接種券の発送が始まっているが、まだ届いていない。「都がリーダーシップをとって地域格差を是正してほしい」と話す。

五輪や子育て、戸惑いと不安

 コロナ対策に次いで多かった…

この記事は有料会員記事です。残り1120文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら