マイアミ住居崩落、捜索続く 家族「奇跡信じる」

有料会員記事

マイアミ=藤原学思
[PR]

 米フロリダ州マイアミ近郊で12階建てのコンドミニアムが崩れ、4人が死亡、159人が安否不明となっている事故は、現場で捜索が続けられている。ただ、がれきが高く積み上がり、活動は難航。25日に救出された生存者はおらず、家族は焦りを募らせている。

 「私たちは希望を持っている。人びとを見つけ、安全に助け出すために、24時間態勢で活動している」

 崩落から40時間以上が経った25日夜、地元の警察や消防を管轄するマイアミ・デイド郡のダニエラ・カバ氏は語った。この日からメキシコイスラエルからの派遣部隊も救出に加わった。なんとかして生存の兆候をつかもうと、救助隊は捜索犬やドローン、音波探知機も使用。ただ、この日は1人の生存者も見つけることができなかった。

 現場には大型クレーンでがれ…

この記事は有料会員記事です。残り468文字有料会員になると続きをお読みいただけます。