英保健相が側近とキス コロナ指針に自ら反し引責辞任

金成隆一
[PR]

 英国で新型コロナウイルス対策の司令塔を務めてきたハンコック保健相が26日、屋内での他人とのソーシャルディスタンス(社会的距離)を保つことを求める政府の指針に自ら反したとして辞任した。大衆紙サンが25日、同氏が側近の女性と抱擁しキスする画像を掲載以降、辞任を求める声が強まっていた。

 ハンコック氏が「指針を作った者は、それを順守しなければならない」などと辞任の理由をツイッターで説明した。

 英メディアによると、画像は5月6日午後3時すぎに保健省の庁舎内で監視カメラが撮影したもの。女性は大学時代の友人で、ハンコック氏の任命で側近になっていたという。いずれも既婚者。同氏の後任にはジャビド前財務相が就任した。(金成隆一)