「この記録は自信に」 泉谷が日本新V、今季世界3位

[PR]

 陸上の日本選手権最終日は27日、大阪・ヤンマースタジアム長居であり、男子110メートル障害で、泉谷駿介(順大)が追い風1・2メートルのなか、今季世界ランキング3位となる13秒06の日本新記録を樹立して優勝した。従来の記録は金井大旺(ミズノ)がもつ13秒16で、これを0秒10と大幅に更新した。

 2位には金井が13秒22、3位には高山峻野ゼンリン)が13秒37で入った。3人はいずれも五輪参加標準記録(13秒32)を突破しており、そろって五輪代表に内定した。

 泉谷は「あまりハードルにぶつけずにいけた。(追い風参考ではない)公認でこの記録は自信になる。(五輪では)決勝に進んで入賞したい」と話した。

 前日の予選で全体トップの13秒28で決勝に進んでいた村竹ラシッド(順大)はフライングで失格した。