佐藤輝明「ホームランを見て」 阪神勢、球宴に7人選出

有料会員記事

伊藤雅哉 松沢憲司
[PR]

 日本野球機構は28日、マイナビオールスターゲーム(7月16、17日)ファン投票の最終発表を行い、セ・リーグでは全11ポジション(投手は先発・中継ぎ・抑えの3人)のうち阪神の7選手が1位を占めた。

 外野手の佐藤輝明(22)はリーグ最多得票で、遊撃手の中野拓夢(25)とともに新人2人が選ばれた。阪神では2003年の9人に次ぐファン投票での大量選出になった。

 得票数が球界に残してきたインパクトを物語る。佐藤輝の43万5605票はリーグ1位で、全体でもオリックス・吉田正尚に次ぐ2位。40万票台はソフトバンク・柳田悠岐も含めた3人だけで、球界の顔に顔を並べた。

 「スター選手がいっぱい集まって、すごい盛り上がるお祭りという感じ。そういう選手が集まる中でプレーできるのはうれしいです」

 横浜スタジアムでの場外弾や、新人では長嶋茂雄以来63年ぶりの1試合3発など、数字以上の印象を残してきた。シーズン折り返し前の69試合で打率2割7分7厘、19本塁打、47打点。新人の左打者として19本塁打は1998年の巨人・高橋由伸に並ぶ2リーグ分立後の最多記録だ。

 97三振は両リーグ最多だが、その粗さも魅力に映るほどのフルスイングを貫いている。

 1学年下のヤクルト・村上宗隆ら、各球団の強打者との交流も思い描いた。「ホームランを打つ選手に、いろいろ話しかけてみたいです。どうやって打っているのか聞きたいですね」。どんなプレーを見せたいかを問われると「やっぱりホームランを一番に見てもらいたい」と言い切った。

 今年のオールスターはメットライフ、楽天生命での開催で、佐藤輝は交流戦でいずれもアーチを放っている。

 阪神では2003年にファン投票で9人が選ばれたのが最多だ。先発投手の井川慶のほか、捕手の矢野輝弘(現燿大監督)をはじめ野手は全8ポジションで1位。星野仙一監督が指揮を執り18年ぶりにリーグ制覇を果たしたシーズンで、阪神フィーバーが巻き起こった。

 今年はそれに近いファンの熱気を感じさせる結果になった。伊藤雅哉

■ルーキー中野「信じられない…

この記事は有料会員記事です。残り1109文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!