小池氏支持率57%、五輪対応評価割れる 朝日世論調査

有料会員記事

岡戸佑樹
[PR]

 26、27両日に実施した東京都民を対象にした世論調査では、小池百合子知事の支持率は57%で、昨年3月の前回調査(50%)よりも上がった。一方、不支持は27%(前回25%)だった。新型コロナウイルス対応などで露出度が上がった分、支持傾向がより明確になった形だ。

調査方法

 調査方法 26、27の両日、コンピューターで無作為に作成した固定電話番号に調査員が電話をかけるRDD方式で、東京都内の有権者を対象に調査した。有権者がいると判明した1417世帯のうち、804人の有効回答を得た。回答率は57%。

 東京オリンピック(五輪)・パラリンピックへの小池知事の対応を尋ねると、「評価する」「評価しない」がともに42%と評価が割れた。一方、コロナ対応では「評価する」が55%で、「評価しない」の35%を上回っていた。

 小池知事の支持層を男女別でみると、女性が65%、男性が50%と女性の支持が比較的厚い。支持政党別では自民支持層が70%、立憲民主支持層でも58%に上り、無党派層では54%だった。

 小池知事を支持する人の都議選での投票先では、自民が29%で、小池知事が特別顧問を務める都民ファーストの会が24%。2017年の都議選の調査では自民20%、都民ファ40%だったのと比べ、都民ファが小池知事支持層を取り込めていない傾向がみられた。

 一方、今回の都議選で自民・公明で過半数を占めた方がよいかを尋ねると、「占めない方がよい」42%が「占めた方がよい」32%を上回った。小池知事支持層では「占めた方がよい」が40%、「占めない方がよい」が39%と割れた。小池知事の不支持層では「占めない方がよい」が61%に上った。

小池知事の支持率、変遷は

 都民調査では、これまでも小…

この記事は有料会員記事です。残り457文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら