オール与党、崩れた兵庫知事選 維新が進出、自民は懸念

有料会員記事

武田遼、五十嵐聖士郎、本多由佳
[PR]

 兵庫県知事選(7月1日告示、18日投開票)は、長年続いてきた「オール与党」で副知事経験者を支える構図が崩れ、混戦模様になっている。日本維新の会が大阪から進出を図るのに対し、自民党の一部が懸念して分裂したためだ。結果は、県政のかじ取り役を決めるだけでなく、次期衆院選の動向に影響を与える可能性もある。

 「全県で活動ができるのは自…

この記事は有料会員記事です。残り2037文字有料会員になると続きをお読みいただけます。