生涯目標超えた日本新 110m障害泉谷にまだ伸びしろ

堀川貴弘
[PR]

 陸上の東京オリンピック(五輪)代表選考会を兼ねた第105回日本選手権大会最終日は27日、大阪・ヤンマースタジアム長居で男子110メートル障害の決勝があり、泉谷駿介(順大)が日本新記録の13秒06(追い風1・2メートル)で初優勝を果たした。2位にそれまでの日本記録保持者だった金井大旺(ミズノ)、3位に高山峻野ゼンリン)が入り、3人が五輪代表に内定した。

     ◇

周りのフライングにも冷静

 フライングで両サイドの選手がいなくなった。泉谷は、しかし冷静だった。

 「(順大の後輩の)村竹(ラシッド)がフライングしたんじゃないかと心配だった。やり直しのスタートはしっかり静止してから出ようと思った」

 五輪参加標準記録を前日の予選で突破しながら失格となった村竹を気づかう余裕があった。

 レースは滑らかなハードリングで、中盤から金井らライバルを一気に突き放した。5月に出した自己ベストを0秒24も縮める日本記録の13秒06に、自分自身が驚いた。

 「競技人生の中での目標が13秒1台だったので、それを超えてびっくり。ここまで来たか、という感想です」

 前日本記録保持者となった金井も脱帽した。「僕自身は13秒0台で走るイメージができていないので、先に行かれたなという感じです」

故障と紙一重 冬季練習が泉谷を変えた

 神奈川・武相高3年の時、全国高校総体の8種競技で優勝した。順大に進むと、110メートル障害だけでなく、走り幅跳び三段跳びでも国内トップ級の実力を持つようになった。

 そうした並外れた脚力は一方で故障と紙一重だ。2019年ドーハ世界選手権では、110メートル障害の代表に選ばれながら、けがで欠場せざるを得なかった。

 ただ、このとき、現地で高山が準決勝で、決勝進出に迫る走りを見せたことに刺激を受けた。

 「ドーハでは現地に行って欠場という悔しい思いをした。その悔しさが原動力になってオリンピックで結果を残したいと思うようになった。冬季練習は歯をくいしばってやりました」

 指導する順大の山崎一彦監督は泉谷の成長について「パワーがついて、地面に力を伝える力、ハードリングの際に体を押さえる力がついてきたのが大きい」と語る。

 この日記録した13秒06。5月の関東大学対校選手権(関カレ)で追い風5・2メートルの中、非公認ながら、13秒05で走っている。その時の感覚が生きた。「ハードル間の足の刻み方などすべてがあの時とつながっている。関カレは風で押された感じですが、今回は自分の力で走れた」

 26日にあった全米選手権で、五輪金メダル候補のグラント・ホロウェイが出した優勝タイムは12秒81。世界との差はまだ大きいが、泉谷の日本新は今季の世界3位のタイムで、日本勢初の決勝進出が現実味を帯びてきた。泉谷は「スタートから1台目までの7歩の技術がまだまだ」と修正点をあげるだけに、伸びしろも十分だ。(堀川貴弘)