「生涯現役」と言うけど…活躍できる職場はどこ?

写真・図版
マンガ・米澤章憲
[PR]

 2年前に65歳で定年退職しました。英語や仏語が得意です。海外の滞在経験もあります。

<職場のホ・ン・ネ>職を探す60代男性

語学関係の仕事を希望していますが、この2年間で仕事は見つかっていません。「年齢不問」の企業にも書類で落とされ、問い合わせの際に年齢を言うとその場で断られます。正社員を諦め、アルバイトでもよいと考えましたが、それでも働き口はありません。

 実用英語技能検定1級や国際連合英語検定の特A級、実用フランス語技能検定1級などの資格もあります。能力があっても、年齢で門前払いを食らっているとしか思えず、悔しさを覚えます。コロナ禍の影響で、状況は悪化する一方です。

 近年、メディアで「生涯現役」「シニア活躍時代」といった、定年後も働くことを推奨する言葉をよく目にします。しかし、高齢者が活躍出来る職場は一体どこにあるのでしょうか? 企業が受け入れてくれなければ「生涯現役」を実現することは出来ません。(九州地方・60代男性)

     ◇

 あなたの働き手としての悩みや葛藤を「職場のホ・ン・ネ」にお寄せください。すでに掲載された「ホンネ」への感想や意見も歓迎します。連絡先を明記のうえ、朝日新聞経済部労働チーム(t-rodo@asahi.comメールする)までメールでお送りください。