米、親イラン武装組織を空爆 対抗措置でバイデン氏命令

ワシントン=高野遼
[PR]

 米国防総省は27日、米軍がイラクシリア国境付近にある親イラン武装組織の関連施設3カ所を空爆したと発表した。イラク駐留米軍に対する無人航空機を使った攻撃への対抗措置という。死傷者の有無は分かっていない。

 バイデン政権の発足後、親イラン武装組織への攻撃は2回目。

 発表によると、米軍はバイデン大統領の命令により、シリア国内2カ所、イラク国内1カ所にある武装組織の作戦施設や武器庫を空爆したという。いずれも両国の国境付近に位置し「カタイブ・ヒズボラ」など複数の親イラン武装組織が利用していたという。

 同省のカービー報道官は「今夜の空爆で明らかなように、バイデン大統領は米軍関係者を守るために行動することを明確にしている」と声明を出した。

 バイデン氏の就任後、米軍は2月にシリア東部にある親イラン武装組織の関連施設を空爆。この際は、イラクの米軍駐留施設付近であったロケット砲攻撃への対抗措置としていた。(ワシントン=高野遼)